×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

アイドリングが不安定 これで解決!TOP > 詳細情報 > 原因別の解決方法

原因別の解決方法について

 

原因別の対処法:


原因:基本的な整備不足
  ⇒ 消耗部品や定期交換部品の交換などのメンテナンスを実施する
原因:ガソリンの不良・不適合
  ⇒ スタンドやガソリンの種類を変える、ハイオク仕様車にはハイオク
原因:エンジン内部の汚れ
  ⇒ ガソリン添加剤などで洗浄もしくはオーバーホール
原因:関連部品の故障
  ⇒ 部品交換、整備工場やディーラーで修理

 

原因:基本的な整備不足
まず、エアクリーナーエレメントやプラグ、エンジンオイルやオートマオイルなどが汚れたり摩耗したり劣化しているなど、必要なメンテナンスが不足して、エンジンのコンディションが悪い状態では、エンジンも正常な動作をせずに、としては、や交換が必要な、と、エンジンのコンティションが悪くなっていることがアイドリングを不安定にする原因となることがあります。ただ、定期的なオイル交換や車検の際のメンテナンスをしっかり実施していれば問題はありません。逆に、格安車検でメンテナンスしなかったり、過酷な条件で走行している場合には、まず、第一にシッカリとしたメンテナンス状態にすることが先決です。

 

 

原因:ガソリンの不良・不適合
品質の悪い粗悪ガソリンを使うことでアイドリングが不安定になることがあります。日本の一般的なスタンドで給油する限りまず問題が起こることはありませんが、ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れた場合などにはごく稀に問題を起こす可能性があります。ガソリンを給油した後から不安定なアイドリングなどの症状が現れた場合などは、次回は別のスタンドで給油するなどして様子を見た方がよいでしょう。

 

 

原因:エンジン内部の汚れ
エンジンの内部に蓄積したススや汚れが原因となり、空気や燃料の流れを邪魔することで正常な燃焼を妨げ、不安定なアイドリングやエンジンの性能低下を引き起こすことがあります。対策としては、給油時にガソリンの給油口から注入することで手軽にエンジン内部を洗浄することができる「洗浄系ガソリン添加剤」(洗浄効果が強力な専門のもの)を使ってみるのが良いでしょう。洗浄系ガソリン添加剤は、ガソリンに混ざった洗浄成分がエンジン内部の汚れをキレイに落す強力な効果があり、原因となるエンジン内部に堆積した煤や汚れを取り除きます。
※参考:効果のあった製品⇒「強力洗浄系ガソリン添加剤」(OH+PRODUCTS)

 

三菱のGDIエンジンやトヨタのD-4など直噴エンジン(筒内噴射エンジン)と呼ばれるエンジンでは、インジェクション(燃料噴射装置)の周辺に堆積したススや汚れが原因となり、エンジンの性能低下や不安定なアイドリングや黒い排気ガスなどの問題を起こすケースが多発してます。⇒直噴エンジン特有の問題

 

 

原因:関連部品の故障
また、アイドリングコントロールユニットやスロットルセンサーやエアフロメータなどの部品の故障や汚れにより、アイドリングの状態を適性に保てず、回転数が不安定となることがあります。洗浄系ガソリン添加剤でこれらの部品の汚れを落としきれない場合は、技術力のある整備工場やディーラーに相談して、エンジンコンディショナーと呼ばれる薬品を部品に吹きかけて汚れを落としたり、故障している部品を見つけ出して交換します。
 

詳細情報記事一覧

原因別の解決方法

原因別の対処法:原因:基本的な整備不足  ⇒ 消耗部品や定期交換部品の交換などのメンテナンスを実施する原因:ガソリンの不良・不適合  ⇒ スタンドやガソリンの種類を...

直噴エンジン搭載車種

直噴エンジンを搭載しているグレードがある車種の一覧です。同じ車種でも、直噴エンジンを搭載しているグレードと搭載していないグレードがありますので、カタログやホームページなどでご確...

直噴エンジン特有の問題

直噴エンジン特有の問題:直噴エンジン(筒内噴射エンジン)としては、トヨタD-4や三菱GDIが有名ですが、低燃費や高出力など、その性能の高さから、スズキやマツダ、アウディーやアル...